スタッフ

訪問看護ステーション結び スタッフ紹介

福田 慎次(代表取締役)

(代表者兼管理者)

はじめまして訪問看護ステーション結びの管理者の福田と申します。日頃より地域の皆様、関係各機関の皆様には大変お世話になり心より感謝を申し上げます。
私は埼玉県立がんセンター、循環器・呼吸器病センター、精神、最後は管理者として県立病院で多くの経験を積み今に至ります。
訪問看護の経験は浅いですが県立病院で学んだ看護の基盤を携え、地域医療、訪問看護に熱い想いをもった優秀なスタッフと共に『その人らしい人生の結び』を提供できるとの思いで訪問看護ステーション結びを開設しました。
『断らない』をモットーに。
これからも地域のあらゆるニーズ対応できるように日々努力をしていきます。

スタッフ 田嶋(チーフマネージャー)

保健師・看護師

私は9年間、がん看護に携わりその中で病状の進行やマンパワー不足により自宅への退院を諦める方が多くいらっしゃいました。私はがんだけに限らず、大切なご家族に囲まれて安心して穏やかに過ごせる場所で療養して頂きたいと考えています。その方の価値観に合った看護を提供し、利用者さん・ご家族と一緒に小さな変化を感じながら、喜びや悲しみを共有していければと思います。
自宅への退院を高い壁と感じずに、皆様に思い切って自宅で過ごす選択をして頂けるように私たち訪問看護師がいます。退院の準備には時間がかかりますが、1日でも早く1日でも長くご自宅で過ごすことが出来るようにお手伝いさせて頂きたいと思います。不安なことがあれば何でもご相談ください。

スタッフ 佐々木(チーフマネージャー)

保健師・看護師

 
地域を支える 
 
私がまだ中学生の時、祖父の死を目の前にした時に、ずっと傍にいながらも何もする事が出来なかった自分を悔やんだことから、医療の道に進むことを決意しました。『患者様の命を繋ぐ。』その思いを胸に大学を卒業後、循環器呼吸器病センターとがんセンターの集中治療室で10年の経験を積んできました。また、この期間の中で、急性期だけではなく外来、回復期〜緩和ケアまで様々な患者様と関わる機会を頂き、幅広く経験をさせて頂きました。急性期看護を長く経験してきた私ですが、がん看護に携わってきて感じた事があります。それは『その人らしい命の最期と向かい合う。』ことの重要性について、です。癌を患った患者様の心理、社会的な背景は多岐に渡ります。その患者様が今まで生きてきた人生の最期を、その人らしく迎えるために、また後悔のない最期とするためにはどうしたら良いか、という事に常に向き合ってきたからだと感じています。自分の看護感の根底にあるもの、それは『患者様ご家族様の思いや意思の尊重』であり、それを実現するための手助けがしたいと病院での看護を続けてきました。
入院中の患者様と関わる中で、「家に帰りたい」という言葉を幾度となく聞いて来ました。在宅への移行を考える際には様々な困難があり、止む無く退院を諦める、そんな患者様も多くいました。地域に『患者様の帰りたいを叶えてくれる』受け皿があればと思う事が多かったのは事実です。地域に帰りたいという患者様の思いに寄り添う事が出来る、そんな医療ニーズに対応出来るサービスがあればと思っていました。そう思う中で、自分がその受け皿の1人になれるのではないか、少しでも在宅療養に対する不安に寄り添えるのではないかと思い、訪問看護への道を決意しました。
自分には忘れられない言葉があります。それは「患者が帰りたいと思った時が、退院のタイミングだ。」という在宅医の先生の言葉です。
結びには高い専門性と確かな知識と技術があり、信頼出来る仲間がいます。患者様を思う気持ちはどこにも負けない自信があります。地域に寄り添い、その人の人生の結びに真剣に向かい合う、患者様の帰りたいを現実にする事が出来る場所であり続けるために努力をしていきたいと思います。
 

スタッフ 新藤

保健師・看護師

私は埼玉県立がんセンターの消化器外科病棟にて看護師としての経験を積みました。がん専門病院という高度・先進的な医療を提供している施設であるため、治療を終えて順調に退院できる方だけではなく、合併症を併発した患者様や病状の進行した患者様など医療的ニーズの高い方々への看護を行ってきました。患者様と接する中で「早く退院したい」という言葉を何度も聞いてきました。しかし、退院までの制約も多く、調整に難渋した事も多々ありました。私が退院後も支援出来たらいいのにと思う事もありました。そんな中でも退院後に元気な姿を見せにきてくれた患者様達の笑顔は私の原動力でした。医療的ニーズがあってもその笑顔のまま安心して自宅で過ごしてもらいたい、今まで学んできたことを地域へ生かしたいと思い、訪問看護の道へ進みました。患者様・ご家族の思いやニーズに寄り添う事を大切に、幅広い看護を提供出来る様に日々努力をしております。

スタッフ 新井

看護師

こんにちは。
まだまだ訪問看護では新人ではありますが、長年病院で集中治療や最期の時を迎えるまでの様々な経験をしてきました。その経験を生かし、病気をしたばかりやまだ治療中だけど家で過ごしたい、家で最期まで家族と過ごしたい、家で過ごさせてあげたいけど心配・不安がいっぱい、その想いにぜひ私の力を使わせて下さい。
家で過ごす為の患者・家族の想いに沿った看護、
心配・不安が少しでも和らぐために全力でサポートさせていただき、笑顔が絶えない時間を提供させていただきます。

スタッフ 募集

理学療法士・言語聴覚士

訪問看護ステーション結びでは、現在、理学療法士・言語聴覚士の募集をおこなっております。
>>詳しくはこちらをご覧ください>>>